COVID-19のため、UNUのファーマーズマーケットとそのフェスティバルは一時的に中断されていますが、農家や生産者にとってはビジネスが止まることはありません。

当初5月に予定されていた「青山パン祭り」のパン祭りが開催される代わりに、青山パン祭りとファーマーズマーケットでは、焼きたてパン、有機野菜、放し飼いの卵が入った限定の朝食ボックスを提供している。

地元で愛されるビストロ「ピニョン」の吉川琳平シェフが、地元の新鮮なパンと青山パン祭りの箱に入っているチーズを使った退廃的なタルティーヌを提供してくれました。富ヶ谷の夜を彩る活気あるビストロ「ピニョン」の吉川琳平シェフ。食材提供:青山パン祭りボックス

ハリッサとモッツァレラのタルティーヌ


食パン2枚(例:パン・ド・カンパーニュ)
ハリッサ・ケチャップ(レシピは以下の通り)
フレッシュモッツァレラチーズ150g
海塩
エクストラバージンオリーブオイル


トッピング

フレッシュトマト、スライス
アーティチョークのハート、オリーブオイルで揚げたもの
ズッキーニ、5mmの短冊に切って焼いたもの
ベビーサラダの葉っぱ

ハリッサケチャップ

皮をむいたトマト 3個
はちみつ 20g
黒砂糖 50g
白ワインビネガー 50g
ハリッサ 大さじ1

  1. 皮をむいたトマトを鍋に入れ、手で潰す。
  2. 鍋にはちみつ、砂糖、酢を加えて混ぜ合わせ、中弱火にかける。混ぜ合わせたものが半分になるまで煮る。
  3. 火からおろし、ハリッサを混ぜる。

この記事を気に入ってくださった方は、APPETITEをサポートしませんか。寄付金はこのプロジェクトの費用やクリエーティブたちに戻します。Buy Me a Coffeeアプリで1回の寄付($5~)できます。​